COCOLORS
予告第2弾 ゲネプロ映像公開!!
予告第1弾
VvsS式ライブ上映だからです。
VvsS式ライブ上映とは、Voice Actor vs Silent Movieの意味を持ち、声優とミュージシャンがスクリーンの前で生の演技、生の演奏を披露しながら、サイレントの映像にリアルタイムで音をつけていく上映形式を指します。
2016年10月9日徳島市で開催されたマチアソビvol.17にて公開され舞台のような斬新な上映スタイルによりたった一度の公演ながら、大好評を博した伝説の公演がついに東京で再演決定!
会場イメージ
※キャストおよびバンドの配置は機材等の都合により変更の可能性がございます。
作品情報
C O C O L O R S
脚本・監督:横嶋 俊久
アニメーション制作:神風動画 弐式スタジオ

< story >

延々と降り続く灰が、空と地上を覆ってしまった世界。
人体を融解させるというバクテリアを含んだ、その有害な灰を吸い込まぬよう、人々は巨大なマスクと防護服で全身を覆い、地下深くに作られた街で暮らしていた。
しかし、灰はしだいにその街をも侵食していき、やがて人々は絶望に飲まれていく。
そんな世界に暮らす少年、アキとフユ。2人は地下に暮らしながらも外の世界を空想し、未だ見たことのない空に憧れを抱いていた。
やがて外の現実を知る時、成長した少年達は何を思うのか。

< concept >

日本では古来より「色」という言葉が多様に表現されてきました。
顔色・声色・音色などはその最たる例でしょう。
この物語ではキャラクター達は皆マスクを被っているため、我々はその顔「色」を自らで想像しなければなりません。
喜んでいるようでも、その下では悲しい顔をしているかもしれない。
怒っていても、本当は泣いているかもしれない。
見えない顔「色」の手がかりは、声「色」であり、音「色」であり、そして映像の「色」になります。
灰に覆われた暗い世界で、版画を刷るようにひとつひとつ折り重なっていくキャラクター達の心の「色」。
そんな「色」達をテーマにしたアニメーションが、この『COCOLORS』という作品です。

公演情報

会場
新宿バルト9
シアター6

新宿バルト9

公演日程

2月17日(金)

2月18日(土)

20:00~21:30
(残席僅か!)

8:30~10:00

22:00~23:30
(残席僅か!)

10:30~12:00
(残席僅か!)

出演

高田憂希、秦佐和子、岩中睦樹、市来光弘、桑原由気、高井舞香
高田憂希、秦佐和子、岩中睦樹
市来光弘、桑原由気、高井舞香

演奏

阿部隆大、持山翔子、小山尚希、工藤明、栗林スミレ、野崎心平、Uyu
阿部隆大、持山翔子、小山尚希
工藤明、栗林スミレ、野崎心平、Uyu

チケット価格
6,800円
※徳島→東京の夜行バスと同程度の金額です。

チケット販売中!!

購入方法

新宿バルト9公式HPのKINEZO EXPRESS(インターネット販売)及び
劇場窓口(※21日(土)AM7:30〜発売開始)にてお買い求め下さい

オンラインチケット予約KINEZO

「KINEZO EXPRESS」のご利用には「オンラインチケット予約KINEZO」の会員登録が必要です。
スムーズなチケット購入のため、事前の登録をお勧めします。

※「KINEZO EXPRESS」はクレジットカード決済のみとなります。

ディレクター集団として印象強い作品を多く生み出し、革新的な映像表現に挑戦し続けるアニメーションスタジオ。
映像制作のみならず、キャラクタやメカデザイン、テレビ番組のセットや衣装のデザインなどの、アートディレクションも手掛け、『Amanatsu』、『GASOLINE MASK』等オリジナル作品を積極的に発信していくことにも力を入れている。

代表作は、ドラゴンクエストシリーズOP・ストーリームービー、OVA『FREEDOM』OP、TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』第一部・第二部・第三部・第三部エジプト編 OP、TVアニメ『ガッチャマン クラウズ』OP、安室奈美恵MV『Dr.』、EXILE『BOW & ARROWS』MV、NHK Eテレ『Let's 天才てれびくん』OP・アートディレクション、いずれも企画・監督・演出から関わる。

マウスプロモーション(旧:有限会社江崎プロダクション)は1974年に設立された声優プロダクションです。
声優のマネージメントを中心に吹き替え、アニメ、ゲームなど、幅広い分野で数多くの作品に貢献してきました。近年では声優のマネージメントの枠にとどまらず、イベント、音楽制作、アニメ制作、ショップ運営など、さまざまな事業に果敢にチャレンジしています。
また声優の育成を目的としたマウスプロモーション附属俳優養成所を運営し、若手タレントの育成にも力を入れています。
私たちは「声」が持つ力を信じています。それは人を勇気づけ、楽しませ、癒します。 「思いを伝える声を届けたい。」私たちは感動を創造するプロダクションを目指しています。